MENU
ブログ
BLOG

情報解禁

 

こんにちは、妹尾瑞花です。

ついに、先日、情報解禁されました。

2018年3月14日〜18日まで

中野ザポケットにて

舞台「ヒット撃つまで僕達は死ねない」

上演いたします!!!!!!

20歳で女優・脚本・演出を務める
小池樹里杏の新作。
舞台「ヒット撃つまで僕達は死ねない」
平成生まれのスタッフたちが全身全霊で取り組むがむしゃらな姿を作品にぶつける。
すべての演劇ファンへ問いかける事。

「あなたにとってのヒットとは何ですか?」
応援よろしくお願いします!!

▼あらすじ
小劇場で起きたある殺人事件をきっかけに、国家が認定する作品以外の演劇が禁止され
小劇場はこの世から抹殺された。
「娯楽演劇禁止条例」が下され、当時の芸術家は職を失った。
それから、20年。この時代の東京の中心、渋谷。
小演劇は廃墟と化し、人々の生活はAIロボットの普及により、便利で安全ではあるが、画一化され味気ないものになっていた。
AIロボットが提供する「早く」「便利」「ローコスト」が、ものづくりのあるべき姿となり、人々から芸術という創造的職業に対する意欲と情熱は無くなった。
そんな中、稀有な存在でクラスでも一目置かれている主人公Aは、
文化祭で演劇をしたいと申し出るが、先生や周りの生徒に激怒され、図書館へ逃げ込んだ。
そこで出会った一冊の本。
その本には「娯楽演劇禁止条例」と戦った若者達の記録がーーー。
その一冊の本には、エンターテイメント業界で起きた闇に葬られたはずの衝撃的な過去の事実が記録されていた。
あの日殺されたのは、たった一人の主人公Aの親友、登場人物Bの姉だったのだ。この事実を題材にして演劇で伝えようと意を決して立ち上がるアキヒロ。国家の認定品にするため動き出す。
未来と過去を繋ぐ一冊の本だけを武器に、若者達が表現の自由を追い求め続け、本気で戦う1年間。
アキヒロの選択は一歩間違えれば、生涯刑務所行きとなる。
ヒットを撃つか、刑務所か・・・。
自分の将来を危険に晒してまで挑戦しようとする主人公Aの熱い心に撃たれ
仲間も増えはじめるが、大きな代償も伴う。
勇気がある若者たちの行動は、果たして世の中に受け入れられるのだろうか。
#ヒット撃つ

 

なんなんですかね、

なんなんですか、この鼓動。

あらすじから半端じゃない熱量。

私は小池樹里杏と出会って1年にも満たないですが

彼女の伝えたいこと、情熱、命の限り

すべてを注ぎ込む作品になることは間違いないと思います。

私も出させて頂くからには、

全身全霊をかけて挑もうと思います。

ヒット撃つまで僕達は死ねない。

この希望に賭けています。

#ヒット撃つ

facebook→https://www.facebook.com/hitutsumade/

Twitter→@hitutsumade

フォローやいいね、宜しくお願い致します。

 

期待していてください。

妹尾瑞花