MENU
ブログ
BLOG

9/5のこと。

9/5

こんにちは!
先日、第二号オンナノコノミカタが開催されました。

会場に入った瞬間、1回目のオンナノコノミカタとは違うな、と思われましたか?(^○^)
そう、出演者の皆さんは、ある特殊な格好をしていたので、始まるまで正体を明かさなかったのです・・・。それは・・・

猫!ジョア猫、ちひ猫、トム(木部佳菜絵)、医院長先生(小池樹里杏)
全員が猫になりきって、1つの命が生まれ、母になり強くなっていく様を演じられていました。

母、それは誰しもに必ず存在します。たとえもう会えなくても、悲しい思い出があったとしても、その人が居なければ、きっとあなたはここには居なかった。
それだけで不思議な感覚になってきますよね。
お母さんが今まで選択してきた全てのものの中で、1つでも違っていたら、今ここには居ないかもしれないのです。
まだ出産を経験したことのない私ですが、
人と人との関わり合いは不思議だなと思うことが多々あります。
人は1人で生きていけるはずがないのです。
必ずいろいろな人と触れ合い、喜んだり悲しんだり、沢山の経験をしていく。
その1番最初に触れた人が、きっと母、なのです。
母に触れた瞬間に、あなたはもう1人じゃないのです。

これをきっかけに自分が生まれた時の事をお母さんに聞くのもいいかもしれませんね。
オンナノコノミカタを通して、改めて周りの人、母の大切さを感じられました。
ご来場頂きまして、誠にありがとうございました(^○^)!!

ちなみに、チョコレートの飾りつけは出演者全員で行いました!とても楽しかったです(^○^)

また、みなさんとお会いできる日を楽しみにしています!

妹尾瑞花